Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、韓SECUI製の仮想UTMアプライアンスを発売

キヤノンITソリューションズは、仮想UTMアプライアンス「SECUI MF2 Virtual Edition」を発売した。

同製品は、「VMware ESXi 5.5」に対応する韓SECUI製の仮想UTMアプライアンス。日本語による管理画面や製品マニュアル、技術資料も提供する。

ファイアウォールとIPsec-VPNを搭載した「FireWallモデル」と、さらに侵入検知防御やDDoS対策、マルウェア、スパム対策、ウェブフィルタリング、WAFなどが利用可能な「UTMモデル」を用意した。

ウイルス対策としてCyren製のデータベースを採用。スパム対策にジランソフト、ウェブフィルタリングにアルプスシステムインテグレーションのデータベースエンジンを搭載している。価格はオープン。

(Security NEXT - 2014/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始