Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、7件のセキュリティ更新を公開 - 深刻度「緊急」3件

日本マイクロソフトは、12月の月例セキュリティ更新プログラム7件を公開した。あわせて25件の脆弱性を修正している。

20141210_ms_001.jpg

深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」とされるプログラムは3件。「MS14-080」は、「Internet Explorer」における累積的な脆弱性14件を解消するプログラム。細工されたウェブページにアクセスするとリモートでコードを実行されるおそれがある。

一方「MS14-081」は、「Word」および「Office Web Apps」に含まれる2件の脆弱性に対応した。細工されたファイルを開いたり、プレビューを表示することによってコードを実行されるおそれがある。

これら2件のプログラムは、深刻度が「緊急」に加え、適用優先度についても3段階中もっとも高い「1」にレーティングしている。また「MS14-084」では、「VBScriptスクリプトエンジン」の脆弱性に対応。深刻度は同じく「緊急」だが、適用優先度は1段階低い「2」とした。

のこる4件のプログラムは、いずれも深刻度が1段階低い「重要」。「MS14-085」では、「Microsoft Graphicsコンポーネント」の脆弱性1件に対応している。同脆弱性は悪用されていないものの、すでに公開されている。

「MS14-075」では「Exchange Server」の脆弱性に対応。特殊なURLを開くと特権の昇格が生じるおそれがある。また「MS14-082」「MS14-083」でそれぞれ「Office」「Excel」においてリモートでコード実行が可能となる脆弱性を修正。

(Security NEXT - 2014/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性112件に対処 - 一部ゼロデイ攻撃も
「WordPress 5.5.2」がリリース - セキュリティ関連で10件の修正
早急に「WebLogic Server」脆弱性の修正を - パッチ公開より1週間強で攻撃発生
「WebLogic Server」に定例外アップデート - 悪用発生脆弱性と関連、早急に対応を
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も