Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCSK、サンドボックスだけでない標的型攻撃対策サービス

SCSKは、マルウェアを検知して外部との不正な通信をブロックする標的型攻撃対策サービス「Lastline」を提供開始した。

20141209sc_001.jpg
Lastlineのしくみ(図:SCSK)

同サービスは、米Lastlineが開発したマルウェア対策サービス。標的型攻撃などで利用されるマルウェアや不正サイトの情報を独自の手法で収集し、外部との不正な通信をブロックする。

実際に仮想環境でマルウェアを動作させる「サンドボックス」による分析にくわえ、エミュレーションによりマルウェアそのものを詳細に分析することで、攻撃の手法を把握できるという。

既存のシステム構成を変更せずに導入できる「クラウド型」と、クラウドに情報を送信したくないユーザー向けの「オンプレミス型」を用意した。価格は個別見積もり。

(Security NEXT - 2014/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom
「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを