Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エボラ出血熱に便乗してマルウェア拡散 - WHO装うメールに注意

エボラ出血熱の流行に便乗した攻撃が発生している。世界保健機構(WHO)などを偽い、マルウェアに感染させるメールが流通しているという。

韓国のセキュリティベンダーであるアンラボが攻撃を確認したもの。問題のメールでは、発信元をWHOに偽装。メールの本文にロゴなども挿入し、メール受信者の周囲でエボラ出血熱や他疾病のアウトブレイクが発生しているなどと説明。身を守るために添付ファイルを確認するよう求める内容だった。

問題のメールには、rar形式の圧縮された実行ファイルを添付。ファイルそのもののアイコンが白紙で、あたかもファイル名のみ表示されているように見えるという。誤って開くと、パソコン内部の情報を窃取。特定IPアドレス領域への通信を試みるという。

ファイルの生成時刻は、2013年8月22日と古く、以前から利用していたマルウェアをエボラ出血熱の問題に便乗して再利用していたと見られている。

(Security NEXT - 2014/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を