Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性攻撃サイトへのアクセス誘導が4万件弱 - 更新未適用者が標的に

日本国内からアクセスされた脆弱性攻撃サイトでは、約80%で複数の脆弱性を攻撃する「Rig Exploit Kit」が使われていたことがわかった。

トレンドマイクロが、同社クラウド基盤を用いて、2014年10月の1カ月間に日本国内のIPアドレスからアクセスがあった脆弱性攻撃サイトのURLを抽出し、調査を行ったもの。

同社によれば、1200以上の攻撃サイトで利用されたドメインへ、国内から約3万8000件のアクセスが行われていたという。これらの攻撃サイトで使用されている攻撃キットを分析したところ、79.4%が「Rig Exploit Kit」だった。

同ツールは、アクセスした端末の環境をJavaScriptで確認し、環境に応じて脆弱性を攻撃するのが特徴。

具体的には、セキュリティ対策製品の有無を確認し、存在する場合は攻撃をせずに終了するが、セキュリティ対策ソフトがインストールされていないことを確認すると、「Internet Explorer」や「Java」「Silverlight」「Flash Player」のバージョンを確認し、1つでもアップデートされていない場合は攻撃が行われるという。

同ツールは、ワールドワイドにおいても、2014年第3四半期に2番目に多く使用されるなど、国内外関わらず悪用が進んでいた。

一方、海外で「Rig Exploit Kit」と双璧をなす「Magnitude Exploit Kit」については、国内において1%未満の検出率で、国内外において異なる傾向が見られたという。

(Security NEXT - 2014/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
ダークネット宛てのパケット数が増加傾向 - クルウィットら調査
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的