Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECがセキュリティ事業を強化 - 人員倍増し1200人体制に

NECは、サイバーセキュリティ事業を強化する。2017年度までにグループにおける同分野の人員を倍増する計画で、2500億円の売り上げを目指す。

サイバー攻撃による情報流出などの被害が拡大しており、さらなるセキュリティ対策の需要増加が今後見込まれるとして、サイバーセキュリティ事業への投資を加速させるもの。

具体的には、サイバーセキュリティ分野に携わる従業員を大幅に増員。2017年度までにグループ全体で現在の倍にあたる1200人に拡大。2500億円の売り上げを目指して事業を展開する。

あわせてソリューションの強化も実施。プロアクティブな対策を実現するソリューションとして、脆弱性の把握から対策まで実施する「セキュリティ統合管理・対処ソリューション」や、脆弱性情報などを収集、対策情報を提供する「脅威・脆弱性情報管理ソリューション」を用意。2015年第1四半期より提供する予定。

(Security NEXT - 2014/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EC事業者の6割弱がサイバー攻撃の被害経験 - 半数で情報漏洩
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を提供開始 - 日立ソ
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀