Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KADOKAWA、復旧状況などを公表 - 経理機能は7月初旬

KADOKAWAは、ランサムウェアなどを用いたサイバー攻撃により大規模なシステム障害が発生した問題で、6月27日時点における対応状況を明らかにした。

システムが停止したことを受け、同社では事業活動の根幹となる経理機能や、売上規模が大きい出版事業における製造、物流面での復旧を最優先に対応を進めていると説明。経理機能については、アナログ対応も含め、7月初旬に復旧する予定としている。

出版事業では、新刊を従来と同等の水準を維持する一方、重版は優先度を踏まえて対応。物流に関しても新刊は平常時と同等の水準を維持しているが、障害の影響が大きかった既刊については出荷部数が平常時の3分の1程度に落ち込んでいるという。

ウェブ関連サービスについては、ニコニコファミリーのサービス全般や、ニコニコアカウントによるログインサービスが現在も停止している。

従来サービスが停止する一方で、「ニコニコ動画(Re:仮)」にくわえて、「ニコニコ生放送(Re:仮)」「ニコニ・コモンズ(Re:仮)」など臨時サービスを立ち上げており、「ニコニコ漫画スマートフォン版Webサイト」「NicoFT」など既存サービスも順次再開。「ニコニコチャンネルプラス」も6月28日より提供を再開する見込み。

商品の卸売に関しては、影響を限定的とし、出荷機能は概ね平常どおりに回復したとしている。オンラインショップでは、アカウント認証機能が停止している影響でログインできないユーザーが発生している。

(Security NEXT - 2024/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
海外出張中に個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - ラサ工業