Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド保存データの4割以上がIT部門の非管理下に - SafeNet調査

クラウド上に保存された機密情報の保護について、責任など明確に定義している企業は38%と半数に満たないことがわかった。

米SafeNetが実施した調査により判明したもの。調査は委託を受けたPonemon Instituteが行ったもので、日本をはじめ、ITやセキュリティの専門家1800名以上を対象に実施した。

同調査によれば、70%がクラウド環境におけるプライバシー管理やデータ保護の統制管理はより複雑であると考えており、クラウド上に保存された機密情報の保護について、責任など明確に定義している企業は38%にとどまった。クラウド上に保存されたデータの44%が、IT部門の管理下や制御下になかった。

クラウド上のデータを保護するために実施している対策を見ると、43%がプライベートネットワーク接続を使用。39%がデータの暗号化やトークン化などを挙げた。一方、33%が自社のセキュリティ対策を把握していなかったという。

(Security NEXT - 2014/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに