Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MRTの元従業員が再逮捕、役員宛メールを不正転送

医師などの個人情報を不正に持ち出したとして逮捕されたMRTの元従業員が、私電磁的記録不正作出、同供用の疑いで警視庁に再逮捕された。

同社の発表によれば、元従業員は同社の社長や役員に送られたメールを、自分のメールアドレスに自動転送されるようにサーバを設定。メールを不正に受信し、盗み見た疑いが持たれている。

元従業員は、同社が保有する医師や看護師の個人情報を不正に持ち出したとして、10月14日に不正競争防止法違反の容疑で逮捕されている。同社では引き続き、真相解明のため捜査への協力を行う方針。

(Security NEXT - 2014/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
従業員のメールアカウントに不正アクセス - 日経BP
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
流出「Bitcoin」の保証に向けた資金調達計画を発表 - DMM Bitcoin
不正アクセスで個人情報が流出、スパム送信も - アイザワ証券子会社
労務管理サービスの個人情報流出 - 調査結果を公表
他職員に対して窃盗や不正アクセスした職員を懲戒免職 - 岐阜県
ディップの求人掲載企業に再び不正アクセス - 過去事案と同一犯の可能性