Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、「Deep Security」新版を2015年初頭に発売 - 「VMware NSX」と連携

トレンドマイクロは、サーバ向けセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」の新版を、2015年1月7日より提供開始する。

同ソリューションは、マルウェアや脆弱性への対策、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視など備えたサーバ向けセキュリティ対策製品。

「同9.5」では、リアルタイム検索を「Deep Securityエージェント Linux版」に実装。またVMwareのネットワーク仮想化技術である「VMware NSX」との連携に対応した。

「VMware NSX」との連携により、バーチャルマシン内にマルウェアが侵入した場合に、一時的に自動隔離することが可能。VMware NSXで定義したバーチャルマシン内に被害にとどめ、他バーチャルマシンへの影響を抑えることができるという。

またVMwareの仮想サーバ管理ソフト「vCenter Operations Management(VCOPS)」)との連携により、検出したインシデント情報をVCOPS上より確認できる。

同社は、2015年1年間に15億円の売上げを目指して同製品を展開していく。

(Security NEXT - 2014/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク