Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年3Qの脆弱性届出は239件 - 10年目で累計1万件超に

脆弱性が悪用された場合に生じる脅威は、「任意のスクリプト実行」が最多で、「サービス不能」「なりすまし」と続く。

同四半期に脆弱性対策情報をJVNで公表したうち、修正が完了した件数は45件で過去最多となり、累計では925件となった。また、「連絡不能開発者」として今四半期中にあらたに製品開発者名を公表したのは8件。製品情報を追加公表したのは12件で、累計公表数は151件。

ウェブサイトの脆弱性では、これまでの傾向と変わらず「クロスサイトスクリプティング」が最多。前期に100件近く届け出のあった「SQLインジェクション」は大幅に減少した。脆弱性が悪用された場合に生じる脅威では、「本物サイト上への偽情報の表示」が9割を占めた。

今四半期中に修正が完了したケースは183件で、累計は5778件となった。今四半期で90日以内に修正が完了したケースは142件で、割合は78%。前期の64%より上昇している。しかし累計で見ると、割合は67%で変化はなかった。

(Security NEXT - 2014/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で