Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flash Playerの脆弱性、公開1週間足らずで攻撃ツールに

パッチチューズデイにあたる米国時間10月14日、Adobe Systemsでは「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開したばかりだが、早くも脆弱性攻撃への利用がはじまっており、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

エクスプロイトキットである「Fiesta」に、アップデートで修正されたばかりの脆弱性「CVE-2014-0569」が組み込まれたもので、今後攻撃の拡大が懸念されている。

今回の問題に関して、情報処理推進機構(IPA)も脆弱性を狙ったマルウェアが登場する可能性が高い状況であると指摘。脆弱性を修正していない場合は、早急に対策を講じるよう注意を呼びかけている。

公開当初、悪用は確認されていなかったものの、Adobe Systemsでは、「Windows」や「Mac OS X」、ブラウザの同梱版におけるパッチの適用優先度を3段階中もっとも高い「1」と設定。72時間以内のアップデートを推奨するなど注意喚起を行っていた。

Adobe Flash Playerのバージョンテストは、Adobe Systemsのページから簡単に調べることができる。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性