Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSC、月額1万円以下からスタートできるSaaS型WAF

サイバーセキュリティクラウド(CSC)は、SaaS型のウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)サービス「攻撃遮断くん WEBセキュリティタイプ」を、11月1日より提供開始する。

20141022_cs_001.jpg
防御の流れ(図:CSC)

同サービスは、サーバのOSやウェブアプリケーションを狙った攻撃を検知、遮断する仮想リバースプロキシタイプのWAFをSaaSとして提供するもの。DNSの設定を変更することにより導入できる。

シグネチャの更新などは不要で、サービス利用者に対する攻撃情報についてもサービス全体で共有し、攻撃から防御する。月額利用料は、8618円から。別途初期設定費用3万2184円が必要。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応