Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共同PR、個人情報漏洩対策で研修サービス - 模擬記者会見で啓発

共同ピーアールは、従業員における意識向上を目的とした研修プログラム「個人情報漏えい対策トレーニング」を10月より提供開始する。

同サービスは、個人情報漏洩発生時の事後対応などを想定した参加体験型の研修プログラム。従業員が、漏洩発生時における消費者対応や模擬記者会見などを体験したり、見学することで、個人情報保護の意識を高めるという。

料金は216万円から。別途、会場費用が必要。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大