Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被保険者証の返納依頼文で誤記載、個人情報流出 - 協会けんぽ兵庫

全国健康保険協会兵庫支部は、「健康保険被保険者証返納依頼文」に誤って別の加入者の扶養家族を記載して送付していたことを公表した。

9月29日に発送した「健康保険被保険者証返納依頼文」371件の一部について、別の加入者の扶養家族を誤って記載していたもの。30日に依頼文を受け取った加入者から指摘があり、判明した。

同支部によれば、作成したリストと送付物の確認が不十分で、依頼文の誤作成に気付かずにそのまま発送したという。同支部では、対象となる加入者に謝罪文書と正しい記載がされた依頼文を送付するとともに、誤記載のある依頼文の回収を行うとしている。

(Security NEXT - 2014/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大