Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!メール」の障害「データ保全性を維持できないレベル」

ヤフーが提供するメールサービス「Yahoo!メール」の一部アカウントでアクセスできない障害が引き続き発生している、再開は10月3日になる見通し。

問題の障害は、9月30日9時20分ごろより発生しているもの。当初、全ユーザー5000万IDのうち、約8%にあたる約400万IDに影響があるとしていたが、379万4777件のIDで障害が発生していることがあらたにわかった。

同社では、ハードウェアの障害が原因であるとし、外部からの不正アクセスについて否定。くわしい原因はわかっていないが、今回の障害について「システムの冗長性やデータの保全性を維持できないレベル」だと説明している。

同社は、システム安定化やデータ保全を優先して作業を行っているとし、システムは安定化に向かっていると現状を報告。今後さらに十数時間程度必要とし、機材の再点検や新しい機材の導入を行うことから、10月3日の再開をめどに復旧作業を進めている。

(Security NEXT - 2014/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グリコ、6月下旬より冷蔵品の出荷を順次再開
ランサム被害による個人情報流出を確認 - 岡山県精神科医療センター
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
特別支援学校で就学奨励費関係書類が所在不明に - 川崎市
労務管理サービスの個人情報流出 - 調査結果を公表
タリーズの通販サイトにサイバー攻撃 - 情報流出など影響を調査
児童相談所などが支援児童の住所を秘匿対象者に漏洩 - 横浜市
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
グリコ、冷蔵食品の出荷再開を延期 - 約150億円の売上減を予想