Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESET製ウェブセキュリティGWが登場 - 6種類の方法でマルウェア検出

logoes1..jpg

キヤノンITソリューションズは、ESETの法人向けゲートウェイ製品「ESET Web Security for Linux」を販売開始した。

同製品は、HTTPおよびFTPのプロキシサーバとして動作。通信内容を検査してエンドポイントへマルウェアが侵入することを防止するセキュリティゲートウェイ。ヒューリスティック検知など6種類の検査方法を備えるESET製のマルウェア対策エンジンを搭載している。

クライアントやアクセス先について、IPアドレスやネットワークアドレスで個別のポリシーを作成することが可能。「ESET Remote Administrator(ERA)」との連携に対応しており、情報収集や設定情報の配布など集中管理が行える。

ライセンス価格は、保護するPCやサーバの台数でカウントし、500台から999台を導入する場合、1台あたり1274円/年。

(Security NEXT - 2014/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス