Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニアチーム応募者の個人情報をスタッフがLINE送信 - J2モンテディオ山形

サッカーJ2モンテディオ山形ジュニアユース村山において、メンバー選考の応募者42人の情報を、スタッフが同チームの一部選手に対し「LINE」を使って無断で送信していたことがわかった。

同チームを運営する山形県スポーツ振興21世紀協会の発表によれば、9月17日21時9分ごろ、同チームのメンバー選考に応募した42人の氏名や所属クラブ、身長、体重、50メートル走のタイムなどを、チームに所属する選手20人にLINEで送信したという。

翌18日、メッセージを受信した選手の父親から指摘があり判明。19日に、メッセージを受け取った全選手に削除を依頼して確認を行うとともに、第三者へ転送していないことを確認した。同協会では、選考応募者に対し説明、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む業務用スマホが所在不明に - 尼崎市
委託先従業員が住民に私的メッセージを送信 - 大阪市
電子カルテを目的外閲覧、外部漏洩した職員を処分 - 徳島県
ファッションブランド「MACHATT」の通販サイトに不正アクセス
LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校