Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グローバルワイズ、G DATA製セキュリティ対策ソフトの最新版を発売

グローバルワイズは、独G DATA Software製コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト3製品を、10月2日より発売する。

今回発売するのは、マルウェア対策に特化した「G DATAアンチウイルス」、マルウェア対策にくわえ、迷惑メール対策や不正アクセス対策、URLフィルタリングなどを利用できる「G DATAインターネットセキュリティ」、セキュリティ機能にバックアップ機能やパソコンの最適化機能などをくわえた「G DATAトータルプロテクション」の最新版。

最新版では、パターンファイルに依存せずクラウド情報を活用することで未知のウイルスを防御する新エンジン「CloseGap」を改良。またゼロデイ攻撃対策として、ファイルのダウンロードや実行をリアルタイムで監視する機能を追加した。さらにキーロガー対策として、ブラウザへの入力データを監視して盗聴を防ぐ機能も搭載した。

価格は、「同アンチウイルス」が1年版3ユーザーで3758円から。「同インターネットセキュリティ」が1年版1ユーザーで3218円から。「同トータルプロテクション」が1年版1ユーザーで4298円からとなっている。

(Security NEXT - 2014/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施