Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンガポールの孫会社で顧客情報31万件流出 - コシダカHD

「カラオケ本舗まねきねこ」などを運営するコシダカホールディングスは、シンガポールの関連会社が不正アクセスを受け、会員情報約31万件が流出したことを明らかにした。

同社によれば、シンガポールで事業を展開する同社の孫会社「K BOX ENTERTAINMENT GROUP」が運営するサーバが不正アクセスを受け、保有している会員情報が流出したもの。

シンガポールの複数の報道機関に対して、9月16日に「シンガポール政府への警告」とされるメールが送り付けられ、シンガポールで事業を展開する同社孫会社の会員情報約31万件を不正に取得して流出させたと書かれていたことから同社が調査を行ったところ判明したという。

同社では、警察の捜査に協力するとともに、被害の拡大を防止するための対策チームを立ち上げるなど、対応に当たっている。

(Security NEXT - 2014/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託事業者が受給者証交付者リストを別の医療機関に誤送付 - 大阪市
特別支援学校で就学奨励費関係書類が所在不明に - 川崎市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 都立中央・城北職業能力開発センター
顧客情報を別の口座振替収納企業へ誤送付 - 西京信金
駐車施設付置届出書含むバックアップ用USBメモリが所在不明 - 川崎市
小学校で児童の指導要録や転学届の紛失が判明 - 名古屋市
児童相談所などが支援児童の住所を秘匿対象者に漏洩 - 横浜市
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
建築工事費調査で別人の調査票を重複して誤封入 - 国交省
ジョギング大会の参加者名簿が所在不明に - 綾川町