Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンガポールの孫会社で顧客情報31万件流出 - コシダカHD

「カラオケ本舗まねきねこ」などを運営するコシダカホールディングスは、シンガポールの関連会社が不正アクセスを受け、会員情報約31万件が流出したことを明らかにした。

同社によれば、シンガポールで事業を展開する同社の孫会社「K BOX ENTERTAINMENT GROUP」が運営するサーバが不正アクセスを受け、保有している会員情報が流出したもの。

シンガポールの複数の報道機関に対して、9月16日に「シンガポール政府への警告」とされるメールが送り付けられ、シンガポールで事業を展開する同社孫会社の会員情報約31万件を不正に取得して流出させたと書かれていたことから同社が調査を行ったところ判明したという。

同社では、警察の捜査に協力するとともに、被害の拡大を防止するための対策チームを立ち上げるなど、対応に当たっている。

(Security NEXT - 2014/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市