Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NASからのファイル複製を防止する「SECUDRIVE NAS 2.0」

クオーレは、ネットワークストレージ上に保存したファイルのコピーなどを防止するソフトウェア「SECUDRIVE NAS 2.0」を9月より発売開始する。

同製品は、ネットワークストレージ向けにファイルのコピー防止機能と監査機能を提供するソフトウェア。韓ブレインズスクエアが開発し、同社が日本総代理店として提供する。

Windows Storage ServerとLinuxに対応しており、インストールしたネットワークストレージサーバ上のファイルをパソコンや外部メディアに保存できないように設定できるほか、アクセス可能なアプリケーションや画面キャプチャ、印刷などを制御できる。

また監査機能として、ネットワークストレージ上の共有ファイルにアクセスしたユーザーごとの操作ログを取得できる。

(Security NEXT - 2014/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島大付属福山中高
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
上海のきらぼし銀子会社にサイバー攻撃 - 詳細を調査
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者