Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国際会議の発表中にパソコンを置き引き被害 - 九大

九州大学大学院システム情報科学研究院の教授が、学生や卒業生、研究者などの個人情報を含むパソコンを、出張先のスウェーデンで紛失したことがわかった。

8月25日にスウェーデンで開催された国際会議において、同教授の発表中、付近に置いていた鞄が持ち去られたもの。鞄の中には大学が貸与したパソコンが入っており、事務局や現地警察に盗難を届けたが見つかっていない。

紛失したパソコンには、同教授が担当する3科目の講義を過去3年間に履修した学生、および卒業生約400人の氏名と点数、さらに国内外の大学、研究所、企業の研究者約300人の氏名と連絡先、送受信メールなどの個人情報が保存されていた。パソコンのハードディスクは暗号化を行っていたという。

同大学では今回の盗難を受け、対象となる学生や卒業生、研究者に対し、書面で状況を報告、謝罪する。

(Security NEXT - 2014/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院