Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国際会議の発表中にパソコンを置き引き被害 - 九大

九州大学大学院システム情報科学研究院の教授が、学生や卒業生、研究者などの個人情報を含むパソコンを、出張先のスウェーデンで紛失したことがわかった。

8月25日にスウェーデンで開催された国際会議において、同教授の発表中、付近に置いていた鞄が持ち去られたもの。鞄の中には大学が貸与したパソコンが入っており、事務局や現地警察に盗難を届けたが見つかっていない。

紛失したパソコンには、同教授が担当する3科目の講義を過去3年間に履修した学生、および卒業生約400人の氏名と点数、さらに国内外の大学、研究所、企業の研究者約300人の氏名と連絡先、送受信メールなどの個人情報が保存されていた。パソコンのハードディスクは暗号化を行っていたという。

同大学では今回の盗難を受け、対象となる学生や卒業生、研究者に対し、書面で状況を報告、謝罪する。

(Security NEXT - 2014/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町