Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省を模倣した偽サイトが発生 - アクセス時にはURLの確認を

総務省を装った偽サイトが確認されたとして、同省では注意を呼びかけている。企業や組織を装った偽サイトは、7月下旬ごろから目立っており、これまで被害が報告されている企業や組織に限らず注意が必要だ。

問題のサイトでは、「.org」ドメインを利用。総務省のドメインをサブドメインに用いることで正規サイトを偽装していた。同省は、偽サイトにアクセスすると、ウイルスに感染する可能性もあるとして、アクセスする際にURLを十分確認するよう呼びかけている。

同様の特徴を持つ偽サイトは、7月後半ごろより目立っている。NTTドコモやケイ・オプティコムといった通信会社のほか、NTTデータ、ユミルリンクなどIT関連企業のほか、大阪府警察など公的機関を装うケースも確認されている。

(Security NEXT - 2014/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
アウトドアブームに便乗? 有名ブランドの偽サイトに注意
「JR西日本」装うフィッシングの報告が増加 - JR東日本「えきねっと」告知文を悪用
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
「PayPay銀行」を装うフィッシング - 「個人情報の有効期限切れ」などとだます手口
「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
神奈川県が偽サイトに注意喚起 - マルウェア感染のおそれ