Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省を模倣した偽サイトが発生 - アクセス時にはURLの確認を

総務省を装った偽サイトが確認されたとして、同省では注意を呼びかけている。企業や組織を装った偽サイトは、7月下旬ごろから目立っており、これまで被害が報告されている企業や組織に限らず注意が必要だ。

問題のサイトでは、「.org」ドメインを利用。総務省のドメインをサブドメインに用いることで正規サイトを偽装していた。同省は、偽サイトにアクセスすると、ウイルスに感染する可能性もあるとして、アクセスする際にURLを十分確認するよう呼びかけている。

同様の特徴を持つ偽サイトは、7月後半ごろより目立っている。NTTドコモやケイ・オプティコムといった通信会社のほか、NTTデータ、ユミルリンクなどIT関連企業のほか、大阪府警察など公的機関を装うケースも確認されている。

(Security NEXT - 2014/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
三菱UFJ銀のネットバンク装うフィッシングに注意
「セディナビ」装うフィッシングに注意 - 「利用確認」を偽装
ワークマンの偽サイトに注意 - 格安価格などで誘導か