Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク機器のリモート管理実装に多数のゼロデイ脆弱性 - ISPや利用者に壊滅的な被害を与えるおそれも

CPE WAN管理プロトコル(CWMP)の技術仕様である「TR-069」のサーバ実装に未解決の脆弱性が多数存在することを、Check Point Software Technologiesが明らかにした。

「TR-069」は、ブロードバンドルータやセットトップボックス、VoIP機器をはじめ、ネットワーク機器のリモート管理に利用されているプロトコル。

今回の脆弱性は、ラスベガスで開催されたDEF CON 22で同社が発表したもので、同プロトコルの実装における未解決の脆弱性を発見し、脆弱性の影響を受ける端末は、数百万台規模にのぼるという。

「TR-069」を導入している環境の多くに脆弱性が存在し、ネットワーク経由で端末を乗っ取ることができると説明。マルウェアの感染や通信内容の窃取、サービス拒否などが生じる可能性があるとして警告を発している。

同社は、「企業や一般家庭に対して多大な被害をもたらす可能性のある深刻な欠陥」であると脆弱性の危険性を強調。

外部から攻撃を受けるおそれがあるISPも大量に存在し、「ISPとその顧客に壊滅的な被害を与える攻撃へと発展する可能性がある」として、同プロトコルを利用するISPやサービスプロバイダにセキュリティ状況を確認するよう訴えている。

(Security NEXT - 2014/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性