Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Suicaポイントクラブ」で不正ログイン被害 - 大量アクセスで異常気づく

JR東日本が運営するポイントサービス「Suicaポイントクラブ」のウェブサイトで、利用者以外の第三者によって不正にログインされる被害が発生した。同社は一部サービスを停止している。

20140818_je_001.jpg
不正ログインが発生した「Suicaポイントクラブ」

同社によれば、8月15日1時半ごろより、同サービスに対して通常ありえない約29万6000件の大量のアクセスが発生。同社では異常に気が付き、5時半過ぎにログインを制限した上で被害状況を確認したところ、なりすましによる不正ログインを確認したという。

今回の不正アクセスにより、756件のアカウントが不正にログインされており、会員情報が閲覧された可能性がある。ポイントの不正利用は確認されていない。

同社は、システムの監視を強化するとともに、関連する一部顧客のアカウントを一時停止。個別に連絡を取り、パスワードの変更を求める。

同サービスの一部を停止しており、再開についてはサイト上でアナウンスする予定。また被害に遭っていない顧客を含め、同サービスの利用者に対し、パスワードの使い回しや、推測が容易なパスワードを利用しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す