Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「なりすましメール防止安心マーク」を国内銀行が初採用

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)や民間企業6社が展開する「なりすましメール防止安心マーク」を国内行がはじめて採用した。

「なりすましメール防止安心マーク」は、ヤフーやニフティのウェブメールサービスにおいて、なりすましが行われていないことを確認できたメールに対し、アイコン画像やテキストを表示するしくみ。

送信ドメイン認証の「DKIM」と、発信者の実在証明を行うJIPDECのデータベース「サイバー法人台帳ROBINS」を組み合わせることで、正規メールを判別している。

銀行を装ったなりすましメールによるフィッシング被害の多発を受け、国内銀行において常陽銀行がはじめて採用したという。

(Security NEXT - 2014/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
埼玉県、インスタの偽アカに注意喚起 - 「優勝した」などとだますDM
神奈川新聞の偽Twitterアカウント - DMでフィッシング
四日市市の偽Instagramアカウント - 偽当選DMを送信
「ねんりんピックかながわ」に偽アカ - プレゼント企画に便乗する偽DMに注意
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社