Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「なりすましメール防止安心マーク」を国内銀行が初採用

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)や民間企業6社が展開する「なりすましメール防止安心マーク」を国内行がはじめて採用した。

「なりすましメール防止安心マーク」は、ヤフーやニフティのウェブメールサービスにおいて、なりすましが行われていないことを確認できたメールに対し、アイコン画像やテキストを表示するしくみ。

送信ドメイン認証の「DKIM」と、発信者の実在証明を行うJIPDECのデータベース「サイバー法人台帳ROBINS」を組み合わせることで、正規メールを判別している。

銀行を装ったなりすましメールによるフィッシング被害の多発を受け、国内銀行において常陽銀行がはじめて採用したという。

(Security NEXT - 2014/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
MS、月例パッチで脆弱性56件を修正 - 一部で悪用も
鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取