Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防災科学技術研究所の関連サイトが改ざん - フィッシングの踏み台に

防災科学技術研究所(NIED)が運営するウェブサイトが、何者かによって不正に改ざんされ、フィッシングサイトが設置されていたことがわかった。

改ざんが発生したのは、防災科研が運営する「防災コンテスト」の参加申込受付サイト。同サイト上にフィッシングサイトが設置されていることが8月9日昼過ぎに判明した。現在、サイトの運用を停止している。

今回の改ざんが原因と見られるフィッシングの被害は確認されていないという。同研究所では、同サイトや他関連サイトへの影響を調べており、原因究明およびシステムの復旧を進める。

(Security NEXT - 2014/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
北九州市の買い物支援サイトが改ざん - 児童ポルノにリンク
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
サーバに不正アクセス、業務に支障なし - 日本ケミコン
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店