Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハミングヘッズ、DePを機能強化 - 他ユーザーの選択結果を統計情報として表示

ハミングヘッズは、セキュリティ対策ソフト「ディフェンスプラットフォーム」の機能を強化し、未知のマルウェア検出時に判断を助ける新機能などを追加した。

同ソフトは、プログラムが利用するOSのAPIを監視し、コンピュータに害があると判断した動作を検出するセキュリティ対策ソフト。今回あらたに「警告パネルお助け機能」を追加した。

新機能では、未知のウイルスや攻撃を検知した際、不正プログラムの動作を他ユーザーが許可したか、停止したか、集計した結果を参考情報として表示する。

またパソコンの状態をグラフィカルに表示する「システムパネル」機能も追加した。価格は1台あたり年額2160円。

(Security NEXT - 2014/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃による事業停止を想定したBCPのコンサルサービス
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
「CIS Controls」を用いたセキュリティ対策のアセスメントサービス
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
FFRI、消費者や小規模事業者向けセキュ対策ソフトに新版
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
銀行のサイバーセキュリティに特化したパッケージ - イエラエ
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック