Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、ウェブUIを追加したLinux向けゲートウェイの新版を発売

エフセキュアは、Linux向けセキュリティゲートウェイ「エフセキュア アンチウイルスLinuxゲートウェイ」の新版を提供開始した。

同製品は、メールやウェブのトラフィック、ファイル送受信においてマルウェアをブロックするゲートウェイ製品。最新版となる「同Ver5.10」では、最新のディストリビューションに対応した。

またウェブユーザーインタフェースを追加。当初英語版のみの提供だが、2014年第3四半期には、日本語化した「同Ver5.20」をリリースする予定だという。

(Security NEXT - 2014/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

千葉県自治体情報セキュリティクラウドで一時障害 - 2カ月連続で発生
米CISA、悪用済み脆弱性リストに10件追加 - 早急に対処を
Palo Alto製品の既知脆弱性、悪用に要警戒 - パッチ適用状況の確認を
「Citrix ADC」「Citrix Gateway」にサービス拒否の脆弱性
Zyxel製セキュリティ製品に深刻な脆弱性 - 機器の制御奪われるおそれ
銀行のサイバーセキュリティに特化したパッケージ - イエラエ
「Emotet」に複数端末が感染、メールサーバも悪用される - 電通大
複数Dell製品のBIOSに任意のコードを実行されるおそれ
緊張高まる国際情勢を受けてセキュリティ対策強化呼びかけ - 経産省
APIゲートウェイ「Apache APISIX」に深刻な脆弱性