Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Silver Peakの「VXソフトウエア」に複数の脆弱性

ネットワーク通信を最適化するSilver Peakの「VXソフトウエア」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「同6.2.2.0_47968」に2件の脆弱性が含まれていることが判明したもの。クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2014-2974」が悪用されると、本来権限がないユーザーによって管理者アカウントを作成されるおそれがある。

またクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2014-2975」によって、ウェブページへコンテンツやスクリプトの挿入が可能となる。

クロスサイトスクリプティングを修正した「同6.2.4」が提供されており、クロスサイトリクエストフォージェリについても今後のアップデートで修正する予定だという。

(Security NEXT - 2014/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「VMware vCenter Server」に複数の深刻な脆弱性 - 早急に対応を