Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR西日本のネット予約システムで一時障害 - 2200件に影響

7月25日未明、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」などで障害が発生し、一時予約の受付や変更、払い戻しなどができない状態となった。現在は復旧している。

20140725_je_001.jpg
「e5489」の説明ページ(JR西日本)

障害が発生したのは、インターネット予約サービス「e5489」や電話で予約を受け付ける「JR西日本電話予約」。

7月25日4時30分ごろにシステム障害が発生し、復旧する7時50分まで、切符の予約や変更、取り消しのほか、指定席券売機などによる切符の受け取りも行えない状況に陥った。予約内容を管理する機器の異常が原因だという。

電話予約に関しては受付時間の開始前だったため影響はなかったが、インターネット経由の手続きについては、2200件に影響があったという。同社では、別途払い戻しなどを行うなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2014/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
医療費助成受給者の個人情報含むファイルを他自治体へ誤送信 - 浦添市
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
セブンイレブンのマルチコピー機で一時障害 - 行政サービスに影響
渋谷区公式サイトで閲覧障害 - ネット活動家による犯行声明も
フォームで他者情報が閲覧可能に、設定流用で繰り返し発生 - 早稲田大
自治体へ送付する過程で障害者手帳などが所在不明に - 東京都
日野市立図書館、一部機器でランサム感染 - 通常どおり開館