Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

内閣官房情報セキュリティセンター装う不審メールに注意

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、同センターと混同させる組織名を名乗ったスパムメールが発信されているとして注意を呼びかけている。

受信者より同センターが発信元と勘違いさせる不審メールの情報が寄せられたことから、注意喚起を行ったもの。

同センターでは、予告なく関係者以外へメールを送付することはないと説明。同センターや職員を装った不審メールを受け取った場合、添付ファイルなど開かず、そのまま削除するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」