Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON、オンライン予選の参加登録を受付開始 - 難易度は低めに設定

SECCON実行委員会は、セキュリティ技術を競うCTFイベント「SECCON 2014」のオンライン予選における参加登録の受付を開始した。

同イベントは、情報システムに対する攻撃技術や解析能力を競う国内最大級のCTF(Capture The Flag)競技会。オンライン予選は、7月と12月に開催予定で、今回7月の予選について参加受付を開始した。

7月の予選は日本語のみの提供となり、日程は当初予定していた3日間から12時間のCTF競技に短縮された。難易度は従来より低めに設定するとアナウンスしており、広く参加を呼びかけている。

競技は、日本時間7月19日9時にスタートし、同日21時までの12時間で争われる。成績の上位7チームが2015年2月に都内で開催される全国大会への切符を手にすることができる。

インターネットへのアクセス環境があれば、どこからでも参加することが可能。1チームあたりのメンバー数に制限はないが、全国大会では1チーム4名までとなる。

参加チームの定員は400チーム。参加には事前登録が必要。登録は「SECCON 2014 オンライン予選スコアサーバ」のページから。

(Security NEXT - 2014/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
ドメインに「tokyo2021」は使用しない - 東京オリパラ組織委が偽サイトに注意喚起
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
若年層支援プログラム「すごうで2020」が応募開始
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
水泳大会で取材申込書などを紛失 - 日本障がい者スポーツ協会
大学生向けにRSAのCTF型セキュリティ演習を提供 - デルら
東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を