Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外来患者のカルテを清掃職員が誤って回収、廃棄処分 - 新潟県立病院

新潟県立吉田病院において、外来患者47人のカルテを清掃委託職員がゴミと間違えて回収していたことがわかった。

6月30日、病院職員が月末の請求確認のため、外来患者のカルテ47人分を2つの箱に収めて医事室内に置いていたところ、清掃委託職員が、焼却ごみと誤解し回収したという。

誤りに気付いた時点ではすでに収集業者により回収済みであったため、職員が焼却場へ行って確認したが、カルテは発見できなかった。現場の状況から、カルテは焼却された可能性が高いと説明している。

同院では対象となる患者に謝罪。薬の処方歴や検査結果については、院内システムから出力し、診療へ支障が出ないよう対策を取るという。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
電子カルテや院内システムがランサム被害 - 鳴門山上病院
患者に開示した文書に第三者の個人情報 - 姫路赤十字病院
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター
偽警告で端末乗っ取り被害、被験者情報流出か - 国立がんセンター
患者情報を保存したカメラを紛失 - 昭和大学歯科病院
「Emotet」に感染、診療業務には影響なし - 那須南病院
強風で飛ばされPCR検査名簿を紛失 - 芽室町