Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、多層型サンドボックスアプライアンスの新製品を国内リリース

フォーティネットジャパンは、サンドボックス技術を活用したセキュリティソリューションの新製品「FortiSandbox-1000D」を、国内で出荷開始した。

同製品は、保護された領域でプログラムの挙動を分析し、未知の脅威を検出するサンドボックス技術を活用したアプライアンス。不審なコードに対して、ウイルス対策エンジン、クラウドベースの脅威データベースとの照会、OSから独立したコードエミュレータによるシミュレーションなどでスクリーニングを行ったうえで、仮想マシン環境で実行し、マルウェアであるか判定する。

ウイルス対策エンジンでは、1時間あたり6000件のスキャン処理が可能。また同時に8台の仮想マシンを稼働させることが可能で、1時間あたり160件のファイルを処理することが可能。

スタンドアロンで利用するだけでなく、マルウェアと判定した場合は、マルウェア対策用のシグネチャをFortiGuard Labsで作成。あたらしいシグネチャは、サブスクリプションサービスによって、UTMアプライアンス「FortiGate」や、メールセキュリティアプライアンス「FortiMail」向けに自動的に配信し、活用できる。

(Security NEXT - 2014/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米CISA、悪用済み脆弱性リストに10件追加 - 早急に対処を
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
「Microsoft Edge 102.0.1245.39」が公開 - MS独自の修正も
「MS Edge 102.0.1245.30」が公開 - 独自含む複数脆弱性を解消
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施
MS、独自修正含む「Microsoft Edge 101.0.1210.32」をリリース
「Firefox 99」がリリースに、脆弱性11件を修正