Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Interop Tokyo 2014」がまもなく開催 - セキュリティなど最新動向を発信

インターネットテクノロジーをテーマとした総合イベント「Interop Tokyo 2014」が、6月9日より開催される。事前登録を受け付け中だ。

Interop Tokyo 2014
Interop Tokyo

同イベントは、相互接続性(Interoperability)を実際に検証する場として1994年にスタート。インターネットテクノロジーをテーマに最先端の情報を発信しており、今回で21回目を迎えた。

「セキュリティ」はもちろん、「クラウドコンピューティング」「IoT/M2M」「Software Defined Infrastructure」などのテーマを中心に展示会、基調講演、カンファレンスを予定。同時併催のイベントを含め、約400社が出展する見込み。

基調講演および展示会は、幕張メッセにて6月11日より3日間の日程で、それに先立ち、テクニカルな視点からインターネットテクノロジーを解説するカンファレンスをAP品川にて6月9日、10日に開催する。

また基調講演では、Verizonのリスクチームを率いるBryan Sartin氏による「サイバー攻撃における状況認識」と題した講演のほか、有識者や専門家、政府関係者が登壇する予定。

さらに新設となる「APPS JAPAN」をはじめ、「IMC Tokyo」「デジタルサイネージ ジャパン」「ロケーションビジネス ジャパン」を展示会と同日の日程で幕張メッセが併催される。

入場料は、5000円。招待券の持参や、ウェブによる事前登録で無料となる。

(Security NEXT - 2014/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
「CODE BLUE 2022」の一部登壇者が明らかに - 5Gハッキングなど
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
クラウドのDB消去をテーマとしたセミナー実施 - DBSC
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
「メタバース」なども取り上げるセキュリティイベント - JSSECら
個人情報保護法改正や越境問題をテーマにセミナー開催 - DBSC