Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

H.I.S.のサイト閲覧でマルウェア感染のおそれ - 外部JavaScriptが改ざん

旅行サービス大手のエイチ・アイ・エス(H.I.S.)のウェブサイトが一時不正なスクリプトを読み込んでいたため、閲覧するとマルウェアへ感染するおそれがあったことがわかった。

同社によると、同サイトを閲覧する際に読み込む外部サービスのJavaScriptが改ざんされたもの。そのため、5月24日から26日にかけてサイトを閲覧した場合、マルウェアに感染する可能性があった。

同社より一部運営業務を受託していたリクルートマーケティングパートナーズでは、5月26日18時ごろに問題へ気が付き、エイチ・アイ・エスでは、サイトから問題のJavaScriptを呼び出すタグを、26日18時ごろに削除したという。

両社は、心当たりがある利用者に対して、マルウェアへ感染していないか確認するよう注意を呼びかけている。問い合わせについては、リクルートマーケティングパートナーズが対応。エイチ・アイ・エスでは、引き続き原因や閲覧者への影響について調査を行い、判明次第公表する方針。

(Security NEXT - 2014/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化