Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水飲み場攻撃が発生した期間が明らかに - 日本バスケットボール協会

日本バスケットボール協会(JBA)は、公式サイトが改ざんされた問題で、被害が発生していた期間を明らかにし、あらためてサイトの利用者へ注意を呼びかけている。

同協会のサイトが不正アクセスにより改ざんされ、閲覧すると外部サイトへ誘導され。マルウェアへ感染する問題が発生したもの。

5月8日にシマンテックが、同サイトにおいて水飲み場攻撃が行われていたことを発表。それを受けて同協会も5月9日に事態を公表し、詳細について調べているとのアナウンスを行っていた。

その後の調査により、不正アクセスにより改ざんされた期間が、2月9日から同月27日17時41分までと、3月11日から翌12日16時27分までであることが判明。個人情報の流出についてはあらためて否定している。

同協会では、改ざん期間中にサイトを閲覧した心当たりがある利用者へ、マルウェアへ感染していないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
求職情報サイトが侵害、CMSプラグインの脆弱性突かれる - 日刊工業新聞
東京ヴェルディの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
複数サーバが侵害、PW改ざんや不正ファイル設置 - こころネット
サイトが改ざん被害、アラビア語の通販サイトに誘導 - 三浦工業
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
旧メールシステム侵害、メアド流出の可能性 - 人材派遣会社
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団