Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ソニーポイントサービス」で不正ログイン被害 - 75万3000円相当のポイントが不正交換

ソニーマーケティングは、「ソニーポイントサービス」で第三者が利用者になりすました不正ログインの被害が発生し、ポイントを不正に交換される被害が発生したことを明らかにした。

同社によれば、4月19日から29日にかけて「ソニーポイント」が、「プレイステーションストアチケット」や「mora music card ID」へ本来の利用者以外によって不正に交換される被害が発生したという。

第三者が利用者のメールアドレスとパスワードを用いた「なりすまし」による不正ログインが原因であるとし、273件のアカウントで75万3000円相当のポイントが不正に交換された。不正ログインに悪用されたアカウント情報に関しては、同社経由の漏洩を否定している。

同社では、今回の被害発生を受けて不正アクセスを遮断。また不正交換が発生した可能性のあるメールアドレスによるログインを停止。利用者へ連絡を取り、パスワードの変更を依頼している。また不正交換が発生したポイントについては、利用者へ変換する方針。

(Security NEXT - 2014/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
川崎市で野球場予約に大量の申込 - 同一IPアドレスから1日に約2万件
「mijicaカード」不正送金、被害者のいずれも不正ログイン被害か
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済