Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts2」の修正プログラムが準備中 - まもなく公開予定

ウェブアプリケーションのフレームワーク「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性が見つかり、修正版の対策も不十分だった問題で、同ソフトを提供するApache Software Foundationは、まもなくアップデートを提供するとして利用者へ準備を促している。

問題の「CVE-2014-0094」は、「ClassLoader」を操作される脆弱性。実証コードが公開されており、容易に攻撃が可能な状態となっている。

AFSは、修正版として公開されていた「同2.3.16.1」では、対応が不十分であったことを認め、脆弱性を解消したプログラムの準備を進めていることを現地時間24日のアナウンスで明らかにした。

AFSでは、完全に脆弱性を修正した新版をできるだけ早くリリースしたい考えで、今回のアナウンスから72時間以内の提供を目安としており、利用者に準備を促している。また具体的な緩和策を示し、修正版が公開されるまで緩和策を適用することを強く推奨している。

(Security NEXT - 2014/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Struts 2」RCE脆弱性に悪用報告 - 早急に対処を
「Apache Struts 2」にRCE脆弱性が判明 - アップデートがリリース
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
「Apache Struts 2」にRCEなど2件の脆弱性 - 最新版へ更新を
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
約6年前のWPプラグイン脆弱性を狙う攻撃が11月に急増 - 攻撃元IPアドレスは3000件超
脆弱ライブラリ同梱した「Apache Struts」、「Webex」などCisco製品にも影響
「Apache Struts」のアップロード機能に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ