Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、常時顔認証する「NeoFace Monitor」 - 共有IDでも利用者特定

NECは、パソコン利用時に常時顔認証を行うソフトウェア「NeoFace Monitor」を提供開始した。

NeoFace Monitor
NeoFace Monitor利用イメージ(画像:NEC)

同製品は、ログオン時はもちろん、ログオンしている間も常時利用者を確認する生体認証ソフト。同社の顔検出、顔照合エンジン「NeoFace」を搭載している。

パソコンの内蔵カメラとあらかじめ登録した利用者の顔画像を蓄積したサーバと連携して認証を行い、離席時には自動で画面をロックできる。また共通のIDを複数で共有する場合も、顔認証でログオンし、各利用者の履歴を残すことが可能。

定期的にサーバから認証情報を端末にダウンロードし、一時保存することで、オフライン環境でも利用できる。

価格は、1万800円/台から。同社では、今後3年間に400社への導入を目指してワールドワイドに同製品を展開していくという。

(Security NEXT - 2014/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP