Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金銭脅し取る日本語対応ランサムウェアが登場 - 支払いにはBitCoin要求

logotm.jpg

米Trend Microは、日本語を含むマルチリンガル対応したランサムウェアを確認したとして注意を呼びかけている。

3月に入りユーザーの意図に反してデータを暗号化し、金銭を脅し取ろうとするマルウェア「BitCrypt」を確認したもの。復号と引き換えにデータを復旧させる手順を提供するなどとして、支払いには 0.4BitCoinを要求する。

すでに同社では、亜種を含む2種類を確認。3月7日に発見された「TROJ_CRIBIT.A」は、英語による要求だったが、2日後の3月9日に確認された「TROJ_CRIBIT.B」では、機械翻訳と見られるものの10カ国語に対応していた。

英語以外に、日本語をはじめ、フランス語、ドイツ語、ロシア語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、アラビア語に対応していた。

同社のデータによれば、日本語を利用するランサムウェアは、今回がはじめて。被害者の40%は米国だが、日本からのアクセスも11%に上ったという。

自身をパソコン上より消去し、侵入経路の解析を困難にするなど手口が巧妙。同社の分析によれば、情報を盗み出す「TSPY_FAREIT.BB」が感染経路だった。

(Security NEXT - 2014/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
朝日インテックでシステム障害 - ランサム感染被害で
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件