Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、深刻度「緊急」2件含む月例パッチ5件を公開 - 23件の脆弱性を解消

日本マイクロソフトは、3月の月例セキュリティ更新プログラム5件を公開した。あわせて23件の脆弱性を修正している。

20140312ms_001.jpg
2014年3月の月例セキュリティ更新プログラム一覧

4段階中もっとも深刻とされる「緊急」のプログラムは2件。そのうち同社が適用優先度をもっとも高い「1」にレーティングしているプログラムは、「Internet Explorer」の累積的な脆弱性に対処した「MS14-012」。今回修正した23件のうち、18件と大半を占めている。

「MS14-012」では、細工されたウェブページを閲覧すると、リモートからコード実行されるおそれがあるメモリ破損の脆弱性に対処した。なかでも、「CVE-2014-0322」および「CVE-2014-0324」はゼロデイ攻撃が確認されている。

もう1件の「緊急」とされるプログラムは、「Microsoft DirectShow」に存在するメモリ破損の脆弱性を解消した「MS14-013」。細工された画像を読み込むと不正なコードを実行されるおそれがある。

「緊急」以外のプログラム3件は、いずれも深刻度が1段階低い「重要」。「MS14-015」では、特権の昇格が生じる「Windowsカーネルモードドライバ」の脆弱性を解消。一部脆弱性はすでに公開されているという。

「MS14-014」および「MS14-016」では、それぞれ「Silverlight」や「Security Account Manager Remote(SAMR)」のプロトコルに関連する脆弱性を解消。いずれも悪用されるとセキュリティ機能をバイパスされ、同社や他社で見つかった他脆弱性と組み合わせて悪用されるおそれがある。

(Security NEXT - 2014/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート