Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトの管理者から情報を盗み出そうとする攻撃に注意

国内のショッピングサイトを狙い、サイト管理者が利用する端末から入力情報やアカウント情報を盗み出そうとするサイバー攻撃が発生している。

シマンテックが確認した攻撃では、ショッピングサイトの管理者を狙い、トロイの木馬「Infostealer.Ayufos」をメールの添付ファイルとして送り付けていた。「商品が破損していました。至急交換してください」と本文で訴え、マルウェアである添付ファイルを開かせようとする。

同マルウェアは、クリップボードやキー入力の情報、画面キャプチャを取得する機能を搭載。さらに、アプリケーションのアカウント情報を盗み出す機能を備えている。取得したデータは、メールを利用して外部へ送信していた。

同社では、基本的なセキュリティ対策を呼びかけるとともに、不明な送信者からの迷惑メールに注意するよう呼びかけている。しかし、不特定多数が利用するオンラインショップだけに、送信者の信頼性を確認することは難しそうだ。

(Security NEXT - 2014/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導