Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、セキュリティ対策ソフトの導入率低いMac向けに新製品

トレンドマイクロは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター for Mac」を提供開始した。

同製品は、Mac OS Xに対応したセキュリティ対策ソフト。不正プログラム対策のほか、ペアレンタルコントロールや不正サイトへの判定、SNSにおけるプライバシー設定を確認できる機能などを搭載している。

同社では、これまでもWindowsやMacに関係なく3台まで利用できる「ウイルスバスター クラウド」を提供してきたが、Windowsと比較し、セキュリティ対策ソフトの導入率が低いMac OS Xに特化した製品を投入した。

同製品はダウンロード版のみの提供となり、価格は3380円。

(Security NEXT - 2014/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「macOS Catalina 10.15.7」など公開 - ゼロデイ脆弱性3件を修正
「Chrome」に2件のゼロデイ脆弱性 - 緊急更新を実施
「Cisco AnyConnect」にゼロデイ脆弱性 - アップデートを準備中
Google、「Chrome 86.0.4240.183」を公開 - 10件のセキュリティ修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 11月3日に定例外アップデートを公開予定