Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、セキュリティ対策ソフトの導入率低いMac向けに新製品

トレンドマイクロは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター for Mac」を提供開始した。

同製品は、Mac OS Xに対応したセキュリティ対策ソフト。不正プログラム対策のほか、ペアレンタルコントロールや不正サイトへの判定、SNSにおけるプライバシー設定を確認できる機能などを搭載している。

同社では、これまでもWindowsやMacに関係なく3台まで利用できる「ウイルスバスター クラウド」を提供してきたが、Windowsと比較し、セキュリティ対策ソフトの導入率が低いMac OS Xに特化した製品を投入した。

同製品はダウンロード版のみの提供となり、価格は3380円。

(Security NEXT - 2014/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
Google、「Chrome 91」をリリース - 32件のセキュリティ修正
Apple、「macOS Big Sur 11.4」などセキュリティアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
権限昇格の脆弱性を修正した「Boot Camp 6.1.14」が公開
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多