Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、ESET製メールセキュリティ製品の評価版をリリース

キヤノンITソリューションズは、スロバキアのESETが開発する法人向けメールセキュリティ製品「ESET Mail Security for Linux V4.0」の評価版プログラムを期間限定で提供する。

同製品は、ゲートウェイ上でメールに含まれるマルウェアやスパムを検出するセキュリティ製品。対応プロトコルは、「SMTP」「POP3」「IMAP」で、エンドポイント製品と同様、定義ファイルによる検知だけでなく、ヒューリスティック検知に対応している。

またドメインやメールアドレスごとにポリシーを作成することが可能。ESETの管理ツール「ESET Remote Administrator」との連携にも対応している。

同製品の国内発売に先行し、5月28日まで評価版プログラムを無料で提供し、同社サイトにて申し込みを受け付けている。評価レポートの受付期間は4月30日まで。

(Security NEXT - 2014/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
「Citrix ADC」「Citrix Gateway」のVPN機能に深刻な脆弱性 - 早急に更新を
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
千葉県自治体情報セキュリティクラウドで一時障害 - 2カ月連続で発生
米CISA、悪用済み脆弱性リストに10件追加 - 早急に対処を
Palo Alto製品の既知脆弱性、悪用に要警戒 - パッチ適用状況の確認を
「Citrix ADC」「Citrix Gateway」にサービス拒否の脆弱性
Zyxel製セキュリティ製品に深刻な脆弱性 - 機器の制御奪われるおそれ
銀行のサイバーセキュリティに特化したパッケージ - イエラエ