Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、ESET製メールセキュリティ製品の評価版をリリース

キヤノンITソリューションズは、スロバキアのESETが開発する法人向けメールセキュリティ製品「ESET Mail Security for Linux V4.0」の評価版プログラムを期間限定で提供する。

同製品は、ゲートウェイ上でメールに含まれるマルウェアやスパムを検出するセキュリティ製品。対応プロトコルは、「SMTP」「POP3」「IMAP」で、エンドポイント製品と同様、定義ファイルによる検知だけでなく、ヒューリスティック検知に対応している。

またドメインやメールアドレスごとにポリシーを作成することが可能。ESETの管理ツール「ESET Remote Administrator」との連携にも対応している。

同製品の国内発売に先行し、5月28日まで評価版プログラムを無料で提供し、同社サイトにて申し込みを受け付けている。評価レポートの受付期間は4月30日まで。

(Security NEXT - 2014/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表