Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ人材育成の中長期プログラムで意見募集 - NISC

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、「新・情報セキュリティ人材育成プログラム案」を取りまとめ、意見募集を開始した。

同プログラムは、政府の「サイバーセキュリティ戦略」に基づく情報セキュリティの人材育成に向けた中長期的なプログラム。人材育成が情報セキュリティ政策における重要な政策課題となっているとして、同プログラムなどを通じて、官民学における人材育成の促進を図る。

具体的には、情報セキュリティ人材に関する現状と課題をはじめ、経営層の意識改革や情報セキュリティ能力の底上げ、専門家の発掘および育成、教育機関における教育の充実など、今後の取組方針について盛り込んだ。

意見は、メールやe-Gov入力フォーム、ファックス、郵送で受け付ける。提出期限は、2月28日12時必着。郵送については同日必着となる。

(Security NEXT - 2014/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も