Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪質な「Androidアプリ」が1000万件を突破 - Google Playの約10倍

露Kaspersky Labは、同社が確認した悪質なAndroidアプリが、2014年1月に1000万件を突破したことを明らかにした。魅力的な「無料アプリ」を装って拡散しているという。

同社によれば、Google Playでは、比較的不正アプリは少ないものの、非公式ストアを通じて大量の悪質なアプリが配布されている状況で、1月の調査で1000万件を突破したという。これまで見つかった不正アプリの規模を、約110万件のアプリが登録されているGoogle Playの約10倍にあたると表現している。

非公式ストアのなかには、ユーザーが無料アプリを好むことに狙いを絞り、有名人気アプリを装って拡散させているケースがあると説明。誤ってこうしたアプリをインストールしてしまうと、個人情報や金融機関の情報などを窃取される可能性があるとして、警鐘を鳴らしている。

同社は、被害を防ぐ対策として、公式サイト以外からアプリをインストールしないことや、アプリの権限の確認したり、セキュリティ対策アプリを活用することのほか、「開発者モード」「提供元不明のアプリ」といったオプションを有効にしないことを挙げ、ユーザーに対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応