Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪質な「Androidアプリ」が1000万件を突破 - Google Playの約10倍

露Kaspersky Labは、同社が確認した悪質なAndroidアプリが、2014年1月に1000万件を突破したことを明らかにした。魅力的な「無料アプリ」を装って拡散しているという。

同社によれば、Google Playでは、比較的不正アプリは少ないものの、非公式ストアを通じて大量の悪質なアプリが配布されている状況で、1月の調査で1000万件を突破したという。これまで見つかった不正アプリの規模を、約110万件のアプリが登録されているGoogle Playの約10倍にあたると表現している。

非公式ストアのなかには、ユーザーが無料アプリを好むことに狙いを絞り、有名人気アプリを装って拡散させているケースがあると説明。誤ってこうしたアプリをインストールしてしまうと、個人情報や金融機関の情報などを窃取される可能性があるとして、警鐘を鳴らしている。

同社は、被害を防ぐ対策として、公式サイト以外からアプリをインストールしないことや、アプリの権限の確認したり、セキュリティ対策アプリを活用することのほか、「開発者モード」「提供元不明のアプリ」といったオプションを有効にしないことを挙げ、ユーザーに対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化