Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

銀行ホームページの17%にセキュリティ上の問題

ICT総研が、銀行が運営するホームページの17%に脆弱性が存在するとの調査レポートを発表した。システム関連の情報が漏洩する脆弱性が存在するという。

同調査は、ベルウクリエイティブの協力のもと、2013年8月から12月にかけてネットバンキングサービスを提供している主要銀行123行を対象に調査および評価を実施し、取りまとめたもの。

調査結果によると、調査対象となった銀行の17%にあたる21行において、ホームページのウェブアプリケーションにセキュリティ上の脆弱性が存在したという。システム関連の情報が漏洩する問題を抱えており、場合によっては攻撃を受ける可能性があると指摘している。

内訳を見ると、都市銀行のホームページにおいて問題は確認されなかったが、地方銀行では64行のうち6行、第二地銀では41行のうち3割にあたる13行、その他銀行の14行のうち2行に存在した。

また今回の調査では、ネットバンキングの調査も実施しており、「EV SSL証明書」を導入しているサイトは91.1%と、全体の9割を超えていることも判明したという。

(Security NEXT - 2014/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開