Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、クラウド利用者向けにセキュリティサービス

HDEは、クラウド利用者向けにセキュリティサービス「HDE One」を提供開始した。

同サービスは、IPアドレスや端末情報、ワンタイムパスワードなどを利用したシングルサインオン環境や、端末へファイルをダウンロードさせないセキュアブラウザ、メールセキュリティなどを組み合わせたクラウド利用者向けのセキュリティソリューション。

200名規模で導入した場合の価格は、1ユーザーあたり6000円/年。同社では、2015年末までに100万ユーザーの導入を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大